wanokuni every 


 

〈この連載について〉
スズショウ・アンナのクロスやユニフォームはすべて自社企画。創業以来、一貫して国内生産でお届けしています。「丁寧なものづくり」は日本の持ち味だからです。そんな私たちのこだわりに共感してくださる吉川千明さんを迎えて、「日本のものづくり」「ナチュラル」「ローカル」をキーワードにおすすめのアイテムをご紹介していきます。
サロンの皆さんの毎日を応援する連載ですので、ブレイクタイムにゆるりとご堪能ください。北海道から沖縄まで。風景や空気感も一緒にお届けします。

Profile

美容家・オーガニックスペシャリスト
吉川 千明(よしかわ ちあき) 

広く深い知識と豊富な経験を生かし、美容、食、漢方、女性医療など、ナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案。ナチュラルビューティーの第一人者として活躍の場はコスメのプロデュース、サロンのコンサルティング、講演など多岐に渡ります。

認定メノポーズカウンセラー
CIDESCOインターナショナル国際認定エステティシャン&アロマセラピスト
NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」認定メノポーズカウンセラー
日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーインストラクター
CIDESCO認定インターナショナルアロマセラピスト&エステティシャン

 


 
吉川 和の国エブリィ。これまでの6回はブランドさんに取材して、記事にしてきました。今回はブランドさんにお話を聞きつつ、実際にプロダクトを使っていらっしゃるヘアサロンをお訪ねしました。「ナチュラルコスモ」のブランドマネージャー上林拓也さんと、「UTALII HAIR SALON & SPA」の大島睦月さんと一緒にお届けします。いくら私のおすすめを紹介する連載と言っても読者のみなさんは多くが美容師さん。それぞれお気に入りのプロダクトがあると思います。正直、躊躇もあり「シャンプーを紹介するのってどうなの?」と思いました。でも、やっぱり紹介したくて(笑)。

大島 わかります。何か黙っていられないというか、伝えたくなるんですよね、ナチュラルコスモの製品って。

これからの美容室の“在り方”を考え抜いて
オープンさせた「UATLII」。
目指しているのは最小で最強の店。



大島 あらためまして、「UTALII」の大島と申します。2014年、35歳のときに独立して、東京の代々木公園にほど近い、富ヶ谷に小さなサロンを作りました。連載の読者さんは多くが同業の方なので言うまでもないのですが、「いつか独立」というのは美容師の世界では “当たり前の流れ”  ですよね。でもいざ自分の店を作るとなったとき、葛藤が生まれました。すでに美容室はたくさんある。これから人口が減少していく。いくら “流れ” だからと過剰な数の中で自分が美容室を1軒増やしていいのだろうかと。

吉川 22万軒でしたっけ?

大島 はい。これからの時代に美容室を作るのであれば、ただの髪型の生産工場であってはならないと思いました。美容室は具合が悪かったら来れない場所です。髪のことだけでなく、体の健康にも心を配れる自分でありたい。とことん考えて、突き詰めて出した答えは「ヘアデザイン+素材美」。今この時だけでなく、10年20年先までお客様の素材である髪と体が健やかでいれる仕事をしようと決めました。だから扱うプロダクトも、お客様の素材美に将来どのような影響を与えるのかを考えて選んでいます。なかには食品も。味噌もあります。こんなに食品が売れる美容院はないのではと思うくらい、ヘアケア製品とセットで食品を購入してくださる方が多いです。髪をきれいにしていくにはやっぱり食事と腸内環境と常在菌のことを理解しないといけないので、お客様との会話も腸内環境がどうのとか、菌がどうのとか。

上林 そういうことを考えている大島さんにナチュラルコスモを選んでいただいていることは、我々にとって喜びです。今日は吉川さんと大島さんがどんな話をしてくれるのか楽しみでなりません。
開発者、生産者が見える化粧品。
イベントでは今や売り上げNo.1に。


吉川 上林さんとは私が名古屋の高島屋で監修を行っていた催事で半年に1回お会いしてきました。大島さんとの出会いは美容メーカーさん主催の講習会でしたよね。3年くらい前かしら。すでにナチュラルコスモを絶賛していました(笑) 。でも本当に大島さんの言うとおり。健康じゃないと髪もきれいでいれません。

大島 はい。僕のナチュラルコスモ歴は2017年から。「UTALIIのコンセプトに絶対に合う」とメイクアップアーティストさんが教えてくれたのがきっかけです。それで早速連絡をして。まず驚いたのが送ってもらった商品に手紙とイラストが拓也さんの手書きで添えられていたこと。今もとってありますが、これです。


使い方が何枚もの紙に書かれていました。伝えたい想いと人間性が溢れていて、この時点で心を掴まれた感はあったのですが、最初にシャンプーを試した時は「何これ? すごくいい。何だこれ」っていう言葉にならない印象でした。頭皮が喜んでる。髪も喜んでる。洗っている僕の手も喜んでない? そんな衝撃がありました。聞いたことのない成分もたくさん入っているし。「はっ? ブルーグリーンアルジー?」「トリートメントがいらない??」と謎だらけ。自分はかなり目利きだと思っているのでオーガニックブランドのシャンプーも自信をもって選んでいましたが、他のどれとも違っていました。化粧品というフィールドでの良し悪しでは語れない。次元が違うというか、ジャンルが違うというか。



吉川 その衝撃、わかります。私も初めてナチュラルコスモのシャンプーを使った時そうでしたから。それに私、化粧品の専門家じゃないですか(笑)。なのに最初、上林さんの言っていることがよくわからなくて。古代ミネラルがどうのとか、白亜紀がどうのとか、バクテリアがどうのとか、話の内容がこれまでの化粧品の概念を超えていました。“不可解”をなんとか“理解”に変えたいと心底思ったことを覚えています。

上林 不可解から入っていただくの、狙いです(笑)。狙いですけど、ほんま大阪のちっさな家族ブランドが美容のプロの方々に支持していただけるようになってありがたい限りです。最初は美容師さんに使っていただくなど一切考えていませんでした。でも「UTALII」さんのように軸のあるサロンさんから声をかけていただき、世界が広がりました。

吉川 使った人が口を揃えて「いい」って言います。そして今や伊勢丹新宿店のビューティアポセカリーでもお取り扱い。私が監修していたイベントでは回を重ねるたびに売り上げを伸ばし、「会社の大小は関係なく、いいものはこうやって売れていく」とあらためて教えられたブランドでもあります。誕生秘話をぜひみなさんに。

不健康家族の家長が一念発起。
今では国内では類を見ない製品開発者に。



上林 はい。うちは父親が社長。中学のときに目を怪我して水晶体を摘出しているんです。それで若くして緑内障にもなり頭痛もひどく、ずっと薬漬けの生活を送っていました。それが40歳のとき " You are what you eat. "「俺はすべての薬を断つ。人の体は食べ物で作られるのだから、栄養素で健康な身体を作る」と言いはじめました。務めていた会社を辞めて、いきなり栄養療法の勉強を始めました。ついでに言うと母はぜんそく持ち、妹はアトピー、私は花粉症。健康とはとても言えない一家でした。

吉川 補足しますね。栄養療法というのは体内に存在するビタミンやミネラル、酵素、アミノ酸などの栄養素を病気の治療や健康維持のために利用すること。

上林 ほかにも整体を学んで整体師をやりながら、健康食品の販売を行ったり。健康に携わる仕事を模索しながら理想の食品の探求を続けていました。そんな中でついに出会えたものがありました。今となっては弊社の2大成分となっている「古代ミネラル」と「AFAブルーグリーンアルジー」です。ちょっとややこしいのですが、「古代ミネラル」は1億年前、「AFAブルーグリーンアルジー」は30億年前を起源とする太古の成分です。そしてこの2つを食べたり化粧品に使うことが、父が家族のために見つけた理想の組み合わせとなりました。太古が起源だから叶う作用があるのが特徴です。


↑ 「古代ミネラル」と「AFAブルーグリーンアルジー」を体内に摂り入れる食品の開発から始まったナチュラルコスモ。ヘアケア、スキンケア製品もオイル以外、すべてのアイテムに古代ミネラルやAFAブルーグリーンアルジーのエキスが配合されています。

大島 人類の歴史はわずか500万年ですから、ほんと壮大な話ですよね。

吉川 みなさんついてきてくれていますか。

大島 食いついてくれていると思います(笑)

上林 ほんと内輪の話ですみません。

大島 いやいや。僕はサロンで初めてお客様にナチュラルコスモの話をする時は、上林家の話から入りますよ。いきなり商品の話をするよりもそれを作っている人の話をしたほうが、がぜん興味も持ってもらえます。それに、お父さんが自分と大切な家族のためにつくったあれやこれや。僕からしてみたらもう規格外であると同時に、求めていたもの。実際、使うほどにこのブランドをしっかりと伝えたいという思いが強くなります。そして伝えるのが楽しくてたまらなくもなります。

上林 ありがとうございます。うちとしては、ほんまこの2つの成分に出会えたことが奇跡です。厚生労働省に定義されている必須ミネラルは16種類ですが、人間の体内にはその他多数の超微量ミネラルが存在することがわかっています。

吉川 40種類、50種類とも言われてますよね。

上林 そうなんです。謎の部分もあるので多くは語られていませんが、16種類以外も不足が起これば体調に影響があることが報告されています。「古代ミネラル」はその超微量ミネラルも含んでいるのが特徴ですが、人間はミネラルだけでできているわけではないのもまた事実でして。

吉川 ビタミン、脂質、タンパク質、などの5大栄養素全てが必要で、結局ひとつでも何かが足りないとうまくまわらなくなってくる、体って。

上林 そこなんです。だから「古代ミネラル」に加えて、栄養素が豊富な「AFAブルーグリーンアルジー」に出会えたことで、ナチュラルコスモの健康作りのベースが完成しました。父が仲間に何気なく聞いた「何かないかな」の一言が、運命を変えました。「バクテリアだから輸入は大変だけど、こんなのがある」と教えてもらったのが「AFAブルーグリーンアルジー」だったんです。

吉川 バクテリア…、それも地球最古の生物とも言われる「シアノバクテリア」ですからね。

↑ AFAブルーグリーンアルジーが収穫できるのは、アメリカで最も澄んだ湖と言われるオレゴン州南部のクラマス湖。毎年6月後半に開花と呼ばれる現象を起こし、水面数メートルが緑色のAFGブルーグリーンアルジーに覆い尽くされるそうです。

上林 最も多くの種類の栄養素を含と言われるバクテリアです。栄養成分表を見ると驚きます。30億年くらい前にぽっと出て光合成を始めて、酸素がなかった地球に酸素を作り出した偉大なこのバクテリアから植物や動物が生まれていった。なので植物と動物の両方の栄養素が含まれているんです。たとえばタンパク質や葉緑素、オメガ3系の脂質やビタミンB12など。

吉川 そんなのってほかにないと思います。

上林 はい。「AFAブルーングリーンアルジー」を摂取しておけば、おしなべて体全体の土台を作ることができる。そこが足りないものを補う一般的なサプリメントとの大きな違いです。実際、摂取によって父の緑内障、母のぜんそく、妹のアトピー、私の花粉症は加速度的によくなりました。



↑ 常に新しい成分を探し、研究室にこもってなにかをコソコソやっているという代表の上林昌三さん。 

吉川 ご家族のみなさん、今、本当にお元気ですよね。

上林 おかげさまで。でもぜんそくは良くなったものの、母は化学物質過敏症になって頭皮がただれてしまった時がありました。2008年頃。それで「使えるシャンプーがない」って言うんで、何とかしてやろうと父は「AFAブルーグリーンアルジー」をエタノールで抽出して、母の頭皮に塗り出した…。そしたら良くなって。エキスを入れたシャンプーを開発しようということになりました。

大島さん曰く。これはシャンプーではなく
上林家が作った「問題解決型栄養体」。



大島 開発が普通のシャンプーを使えないことからスタートしているので、 通常のシャンプーメーカーが絶対に入れないような栄養成分がふんだんに入っているんです。AFAブルーグリーンアルジーと古代ミネラルはもちろんですが、ヘナとかシカカイとかアムラとかアワルとか。

上林 「うちは悩み解決ブランド」というのが根底にあるので、化学物質過敏症でも使えるものとなると、刺激になるものは取り除いていかなければなりません。コンディショナーを作りたくなかったのも、つけて足すことだから。それよりもシャンプーの洗浄成分を弱くして、アーユルヴェーダに基づくハーブとか混ぜたほうがいいんちゃうかって。 で、頭皮が治ってボリューム感も戻ってきたら、「今度はもっとまとまるものが欲しい」って母は言うし、妹はアトピーが良くなったのでパーマをあてに行ったら髪の毛が傷んだから「ダメージシャンプーが欲しい」って言うし。それで種類が増えました。

吉川 家族ブランドそのもの(笑)。

大島 そういうところも僕の思想にあうんです。お客様には「これシャンプーじゃないですから」って言ってます。「上林家が作った問題解決型栄養体ですから」と。「成分見てください。30億年も前のバクテリアに1億年前のミネラル、それに最大27種類もの植物成分、もうこれってシャンプーじゃないでしょ」って。だから体も頭皮も洗えるし、髪の栄養にもなる。一回シャンプーという概念を外してください」とお伝えしています。それで初めてナチュラルコスモでシャンプーしたお客様はたいがい「えっ、何これ、すごい!」ってなって、ますます興味を示してくれます。いい栄養で頭皮も髪も包んであげている感覚が1度でわかるからです。それがもう嬉しくてたまりません。(Vol.7-2につづく)



↑ ナチュラルコスモのトリートメントシャンプーは3種類。最初に作られたのが、左端の「ヘアミールトリートメントシャンプー」。母の頭皮を治すことを目的としたものです。現在は、髪のツヤ感や洗いやすさが進化しています。次に作られたのが、「みだれ髪トリートメントシャンプー」。母の頭皮が治りボリューム感が戻ってきたら、もっとまとまるようにしたいという要望に応えたもの。そして右端3番目に作ったのは「風流トリートメントシャンプー」です。妹がパーマをあてたときに傷んでしまった髪でも、きしみが少なく洗いやすく、なおかつパーマによってパサついてしまった毛先をサラサラな手触りにするのを目的に作られました。(上林)

2022.01.10(文/野村始子 撮影/廣江雅美 写真提供/株式会社三上)


NATURALCOSMO ナチュラルコスモ 商品購入ページへ

https://www.organiccosmo.co.jp/














 

  • 和の国エブリィ
  • ランキング エプロン2022
  • 「クロス」売り上げランキング 2021年〜2022年

コンテンツを見る

お問い合わせ
FAXご注文シート

コンテンツを見る